| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産投資は物件獲得と知識習得の競争

資本主義はすべて競争ですね。

競争の中では有料のノウハウや知識を購入できない人たちを尻目に自分に足りない知識を有料で購入し、いわば自己投資をすることで、いち早く勝てる不動産投資家として物件獲得競争の市場に参入することの重要性をお話ししました。

資本主義社会の競争について、不動産投の観点からの競争についてお話ししましょう。

この不動産投資においての競争は2つあります。まず「物件獲得競争」です。

これは前章でもふれたように”いい物件”というのは必ず市場にあります。

しかしその物件と出会った時、即座に物件価値を見極め、再度賃貸へ回す為のリフォーム代を厳密に見積もり、その価格を乗せたうえで収益シュミレーションをして購入に値するかどうかの判断をし、買付を出し、銀行融資を取り付けることができるものがその物件を購入することができるのですが、その”千載一遇のチャンス”をものにできるかどうか?が熾烈な競争になるわけです。

なぜなら余程のことがない限り物件情報は広く一般に公開されています。

だから売り物件情報がでたら、一般の不動産投資家へ情報が流され物件の獲得競争が始まるわけです。

不動産業者は“成功報酬”ですから、より手間無く、簡単に、高い金額のものを購入してくれるお客へ“いい情報”は持っていくのです。

これから不動産投資を始めるという人に対しては“余程”のことがない限りそのようなおいしい情報をくれることがないのは容易に想像がつきますね。

しかしそれが現実です。
不動産投資の7つのメリット
裏を返せばあなた以外のその他の不動産投資家も同じ立場にあります。

物権獲得競争に打ち勝ち”良い物件”を獲得する為にはその物件が購入に値するかどうかの判断を即座できる知識とノウハウが必要不可欠だということがおわかりいただけたかと思います。

しっかりとした投資やお金の知識を学んでみませんか?

無料レポート「投資のこと丸分かり読本」

金持ち父さんのキャッシュフローゲーム

スポンサーサイト

競売不動産リアル実践セミナーで得られるもの

お宝不動産セミナーの競売実践セミナーが楽しみです。

競売についての、壁が一気になくなるはずです。

予定されているセミナー内容

1.競売物件の探し方が分かる!

今回の不動産投資セミナーでは、藤山さんのご自宅に沢孝史とカメラマンがおじゃまして、実際にネットを使って競売物件を吟味する場面を、不動産投資セミナーでは初めて撮影していますようです。

百聞は一見にしかず。

藤山さんが、膨大な数の競売物件の中から、ダメな物件を振り落として、詳細調査に値するものだけを、短期間で選び抜くことができるのか?

お宝不動産の沢孝史が、

「区分マンションを調べて下さい」

「つぎは、木造アパート1棟ものなんかはどうでしょう?」

と次々とリクエスト。

ぞれぞれの投資対象不動産の吟味ポイントなども、藤山さんに、画面を見ながら解説をしていただけるようです。

2.物件概要書の読み方が分かる!

登記に関する事項から、室内の写真、執行官による評価の説明まで、競売物件の概要書は、数十ページにも及びます。

藤山さんが競売物件の概要書を読むスピードの早いことに驚かされます。

いくつかのチェックポイントだけを確認して、どんどん候補物件を切り捨てていきます。

そして、そのチェックポイントをクリアしているものだけを、詳細に読み込んでいくのです。

これなら、たくさんの競売不動産の中から、お宝不動産をピックアップすることができそうです。


3.現地でのチェックポイントが分かる!

都区内の区分マンションと、千葉の一棟ものアパートは、藤山さんが現地に行ってきた様子も見せてくれるようです。

マンションの管理人や近所に住む通行人に、住環境についてのヒアリング。

怪しまれないような挨拶の仕方や、相手が進んで話をしてくれるような会話テクニックまでを、話されます。

そのほか、建物のどこを重点的に見ているのか、汚くても古くても問題ないところは、どういう箇所なのかも、建物を目の前にしながらの解説で理解できます。

中古マンション投資は管理状況の把握が重要ですので、そちらについてのお話も、していただけます。

これまでの競売セミナーでは、競売のメリットや安さ、法的な取り扱いについては理解できても、実際に物件を探して現地の調査を行い入札するためには、大きなハードルがありました。

豊富な映像に、藤山さんご本人による詳細な解説をしてくれる今回の『お宝不動産公式セミナー』は楽しみですね。

不動産投資家、工藤一善さんが出版キャンペーンをしています!

リフォームアドバイザー兼不動産投資家の工藤一善さんが、2冊目の本を出版されました。

「勝ち組大家さんの高収益アパマン経営マニュアル」という本です。

1冊目の本、勝ち組大家さんの高収益アパマン経営マニュアルのときも、出版キャンペーンをされていましたが、今回も貴重な得点がもらえるキャンペーンをしています!

今回の本は、工藤さんの事業のひとつである、お掃除ビジネスの「開業ノウハウ」をまとめたものです。

不動産投資をスタートするには、ある程度のキャッシュを持つか属性を高めない限り、簡単にはできません。

私自身もサラリーマン時代にそれなりを地位、収入を得られたことでスタートできました。

今は副業であったり、起業であったり短期間でキャッシュを得る方法は様々ありますが、その中でもお掃除ビジネスというのは初期投資が少なく、多少の訓練さえ積めば仕事が始められます。

本の内容も『週3日可動で月36万コースから年収1000万円コースまで』の仕事の仕方が具体的に書いてあるので、どんな内容なのか知りたい方にはおススメします。

また、お掃除ビジネスには興味がない方でも、大家さんであれば、ハウスクリーニングは不可欠。

今回のアマゾンキャンペーン特典は「プロの空室清掃の手順を記録した動画」がプレゼントされます。

起業しようとする人の多くはオシャレなビジネスを始めますが、

実際に稼いでいくには、注目されないけど市場は大きいビジネスのほうが

ライバルが少なく稼ぎやすいです。

金融円滑化法が国会を通過しましたが・・・

中小企業のための金融円滑化法案(金融モラトリアム法案)が成立しました。

資金繰りが厳しくなった中小企業のために銀行返済を3年間ほど猶予するという内容だったので、多くの社長さんが期待していました金融円滑化法ですが、

予想した通り、全くの骨抜き法案となってしまっています。

亀井静香のあの鼻息の強かった内容とはかけ離れていますよね。

【中小企業等金融円滑化臨時措置法(金融円滑化法)の概要】

【実施時期】

 平成21 年12 月1日~平成23 年3 月31 日

【対象企業】

 中小企業※で、かつ緊急保証融資等の公的保証制度を利用していない事業者に限定。
 ※ 製造業:従業員300 人以下、又は資本金3 億円以下
  卸売業:従業員100 人以下、又は資本金1 億円以下
  小売業:従業員 50 人以下、又は資本金5 千万円以下
  サービス業:従業員100 人以下、又は資本金5 千万円以下

【猶予対象】

元本及び金利部分も含む。ただし一律に規定されたものではなく、金融機関との個別交渉の内容次第。

【猶予期間】 最長3 年間。

【政府保証】

金融機関がリスクを100%負担するプロパー融資に対して、(返済)条件変更後は40%の政府保証が付けられる。

【債権分類】 返済猶予の対象とされた債権は正常債権として扱われるため、金融機関側から見れば、貸倒実績率法による会計上の貸倒見積高を引当計上すれば足りる。

【法的拘束力】

「金融機関は、(融資先からの)申し込み又は求めがあった場合には、他の金融機関等との連携を図りつつ、できる限り貸付条件の変更等の適切な処置等をとるよう努める。」と定められた、単なる努力規定に過ぎない。

【モニタリング】

金融機関側は、6 ヶ月を超えない一定期間ごとに対応措置を公表し、金融庁に報告しなければならない。

【数値目標】

ただし、金融機関に対して具体的な数値目標は課されなかった。(銀行が優良貸出先にあえて条件変更を行って再融資するなど、実績を水増しするトリックを行うであろうことを顧慮したため。)


対象企業を「公的保証制度を利用していない事業者」に限定していますが、これでは、ほとんどの中小企業が、この制度を活用することはできないのではないでしょうか。

金融機関がリスクを100%負担するプロパー融資に対して、返済条件変更後は40%の政府保証が付けられるので、中小企業救済のための法案なのに、銀行の貸出債権の保全に使える法律になってしっています。

さらに問題なのは、この制度の導入によって、金融機関の経営状態が悪化し、新規の貸出条件が厳しくなることも考えられますね。

住宅金融支援機構の財形住宅融資の金利が引下げになりますね

財形住宅融資の金利が平成22年1月1日から年1.76%から、1.62%に変更されます。

財形住宅融資の金利推移

【財形住宅融資の主な特徴】

  • 返済中の金利を5年ごとに見直す「5年固定金利制」

  • 融資額は、財形貯蓄残高の10倍、所要額の80%、最大4000万円まで

  • 一般財形貯蓄、財形年金貯蓄を行っている方もご利
    用可能

  • 融資手数料が不要

  • 一部繰上返済及び返済方法の変更を行う場合は、所定の手数料が必要


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。