| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産投資は物件獲得と知識習得の競争

資本主義はすべて競争ですね。

競争の中では有料のノウハウや知識を購入できない人たちを尻目に自分に足りない知識を有料で購入し、いわば自己投資をすることで、いち早く勝てる不動産投資家として物件獲得競争の市場に参入することの重要性をお話ししました。

資本主義社会の競争について、不動産投の観点からの競争についてお話ししましょう。

この不動産投資においての競争は2つあります。まず「物件獲得競争」です。

これは前章でもふれたように”いい物件”というのは必ず市場にあります。

しかしその物件と出会った時、即座に物件価値を見極め、再度賃貸へ回す為のリフォーム代を厳密に見積もり、その価格を乗せたうえで収益シュミレーションをして購入に値するかどうかの判断をし、買付を出し、銀行融資を取り付けることができるものがその物件を購入することができるのですが、その”千載一遇のチャンス”をものにできるかどうか?が熾烈な競争になるわけです。

なぜなら余程のことがない限り物件情報は広く一般に公開されています。

だから売り物件情報がでたら、一般の不動産投資家へ情報が流され物件の獲得競争が始まるわけです。

不動産業者は“成功報酬”ですから、より手間無く、簡単に、高い金額のものを購入してくれるお客へ“いい情報”は持っていくのです。

これから不動産投資を始めるという人に対しては“余程”のことがない限りそのようなおいしい情報をくれることがないのは容易に想像がつきますね。

しかしそれが現実です。
不動産投資の7つのメリット
裏を返せばあなた以外のその他の不動産投資家も同じ立場にあります。

物権獲得競争に打ち勝ち”良い物件”を獲得する為にはその物件が購入に値するかどうかの判断を即座できる知識とノウハウが必要不可欠だということがおわかりいただけたかと思います。

しっかりとした投資やお金の知識を学んでみませんか?

無料レポート「投資のこと丸分かり読本」

金持ち父さんのキャッシュフローゲーム

スポンサーサイト

競売不動産リアル実践セミナーで得られるもの

お宝不動産セミナーの競売実践セミナーが楽しみです。

競売についての、壁が一気になくなるはずです。

予定されているセミナー内容

1.競売物件の探し方が分かる!

今回の不動産投資セミナーでは、藤山さんのご自宅に沢孝史とカメラマンがおじゃまして、実際にネットを使って競売物件を吟味する場面を、不動産投資セミナーでは初めて撮影していますようです。

百聞は一見にしかず。

藤山さんが、膨大な数の競売物件の中から、ダメな物件を振り落として、詳細調査に値するものだけを、短期間で選び抜くことができるのか?

お宝不動産の沢孝史が、

「区分マンションを調べて下さい」

「つぎは、木造アパート1棟ものなんかはどうでしょう?」

と次々とリクエスト。

ぞれぞれの投資対象不動産の吟味ポイントなども、藤山さんに、画面を見ながら解説をしていただけるようです。

2.物件概要書の読み方が分かる!

登記に関する事項から、室内の写真、執行官による評価の説明まで、競売物件の概要書は、数十ページにも及びます。

藤山さんが競売物件の概要書を読むスピードの早いことに驚かされます。

いくつかのチェックポイントだけを確認して、どんどん候補物件を切り捨てていきます。

そして、そのチェックポイントをクリアしているものだけを、詳細に読み込んでいくのです。

これなら、たくさんの競売不動産の中から、お宝不動産をピックアップすることができそうです。


3.現地でのチェックポイントが分かる!

都区内の区分マンションと、千葉の一棟ものアパートは、藤山さんが現地に行ってきた様子も見せてくれるようです。

マンションの管理人や近所に住む通行人に、住環境についてのヒアリング。

怪しまれないような挨拶の仕方や、相手が進んで話をしてくれるような会話テクニックまでを、話されます。

そのほか、建物のどこを重点的に見ているのか、汚くても古くても問題ないところは、どういう箇所なのかも、建物を目の前にしながらの解説で理解できます。

中古マンション投資は管理状況の把握が重要ですので、そちらについてのお話も、していただけます。

これまでの競売セミナーでは、競売のメリットや安さ、法的な取り扱いについては理解できても、実際に物件を探して現地の調査を行い入札するためには、大きなハードルがありました。

豊富な映像に、藤山さんご本人による詳細な解説をしてくれる今回の『お宝不動産公式セミナー』は楽しみですね。


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。