金融円滑化法が国会を通過しましたが・・・| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅金融支援機構の財形住宅融資の金利が引下げになりますね

財形住宅融資の金利が平成22年1月1日から年1.76%から、1.62%に変更されます。

財形住宅融資の金利推移

【財形住宅融資の主な特徴】

  • 返済中の金利を5年ごとに見直す「5年固定金利制」

  • 融資額は、財形貯蓄残高の10倍、所要額の80%、最大4000万円まで

  • 一般財形貯蓄、財形年金貯蓄を行っている方もご利
    用可能

  • 融資手数料が不要

  • 一部繰上返済及び返済方法の変更を行う場合は、所定の手数料が必要

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

金融円滑化法が国会を通過しましたが・・・| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。